東京都のマッチングアプリ実用化はいつから?婚活に役立つのか考察

記事内にプロモーションが含まれています。

東京都在住の婚活中の方に朗報です!

なんと、今後東京都が独自でマッチングアプリを開発しているとのこと。めっちゃ気になりますよね。

背景としては、少子化や独身者の増加が考えられますが、本日はその概要についてわかりやすくまとめます。

都によるマチアプはこれからの婚活に使えるものなのか…?詳しくみていきたいと思います!

目次

東京都のマッチングアプリとは?概要について

早速ですが、東京都が開発しているというアプリについて概要を探ってみましょう。既存のマッチングアプリとの違いや、どんな機能が備わっているのかについてもご紹介します。

東京都がマッチングアプリを始める理由は?

東京都がマッチングアプリを導入する背景として、少子化や独身者の増加という社会問題が考えられます。

そういえば、2050年には未婚の高齢者が増えるらしいというニュースもありました。こういった問題は、地域社会の活力を低下させる要因にもなり、対応が求められているのでしょう。

婚活中の身としてはありがたい施策ですが、本当に役に立つのかが気になるところです。

関連記事:2050年には未婚の高齢者が増えるらしい

登録に必要なもの

東京都のマッチングアプリは、トラブルを防止するために登録審査を厳格化するようです。朝日新聞の記事によりますと、登録するには、以下の書類が必要とのこと。

東京都のマッチングアプリに必要な書類、手続き
  • ①顔写真付き本人確認書
  • ②独身証明書か戸籍謄(抄)本
  • ③スタッフとの面談
  • ④「婚活が前提」と記された誓約書への署名

身長、最終学歴、仕事内容、所得など15項目の個人情報も、事前入力して相手が見られるようにするとのこと。

通常のアプリだと自己申告生の場合が多いので、結婚相談所と同じレベル感の準備を行う必要がありそうです。面倒ではありそうですが、安心して利用できるための手続きということなのでしょう。

また、アプリ自体は有料化も視野に入れているとのことです。

対象者は?

アプリの対象者について、リリース時にまた条件が変わるかもしれませんが、現状でわかっていることを以下にまとめます。※TOKYOふたりSTORYのサイトより引用

東京都のマッチングアプリを利用できる対象者
  • ①結婚を希望する18歳以上の独身の方
  • ②東京都内に在住・在勤・在学の方
  • ③インターネット接続可能なスマートフォンやパソコンを所有し、自力で操作できる方

他のマッチングアプリと何が違うの?

東京都のマッチングアプリが他のマッチングアプリと大きく異なる点は、公共のプロジェクトであるということ。

商業目的ではなく、地域社会の課題解決を目指しているので、利用者にとって信頼できるサービスとなりうるのではないでしょうか。

また、スタッフの方がオンラインで婚活の悩みを聞いてくれるそうで、結婚相談所のような手厚さも感じられます。

東京都のマッチングアプリ、使えるのはいつから?

東京都のマッチングアプリはいつから使えるのでしょうか?現在の開発状況や進捗、実用化の時期についてまとめます。

マッチングアプリの実用化はいつ?

実用化の時期については、2024年今夏に実用化の予定とのこと。現在見る限りでも登録に手間がかかりそうなので、実際にユーザーとして利用できるのは秋ごろになるかと思われます。

現時点ではブラウザ版のみ限定でサービスを提供しています

現在は都が主催する交流イベント参加者や先行利用者に対して、ブラウザでのみサービスが展開されているようです。都が運営しているということで、地域の婚活イベントとの連携が今後期待されます。

詳細はTOKYO ふたり STORYにてご確認ください。

東京都のアプリが婚活に役立つのか考察

東京都のマッチングアプリは本当に婚活に役立つのでしょうか?気になるところです。最後に、利用者にとってのメリットや、どんな人が利用するのかについて考えたいと思います。

考えられるメリット

まず、メリットとして考えられるのは、なんと言ってもその安心感ではないでしょうか。東京都が運営しますし、登録が厳重な分、相手の身元も確実です。

また、登録がしっかりしている分、ユーザーは本当に結婚願望がある人と考えられるでしょう。遊びの人がこのアプリを利用するにはハードルが高すぎます。

そして、スタッフにオンラインで悩みを相談できるというのは大変嬉しいところです。結婚相談所に入会せずともプロに婚活の相談ができるのは大きなメリットなのではと思います。

考えられるメリット
  • ①身元は保証されるので安心
  • ②遊び目的の人はこなさそう
  • ③スタッフの人に相談できるのはありがたい

考えられるデメリット

一方で、デメリットについても考えてみたいと思います。

まず一番は当たり前なのですが、県外の人は利用できないという点なのではないでしょうか笑。もちろん、都内は人口も多いですが、それにしても対象が限られます。

都内は言わずもがな、アプリや婚活サービスがかなり充実しています。ターゲットが細分化された婚活サービス大戦国時代の現代、このアプリは一体どんな人が利用するのでしょうか。

バチェラーデート東カレデートといったハイスペやモテる人用のサービスもかなりあるので、こういった層の方々は求めない方が安牌かと思われます。

考えられるデメリット
  • ①県外の人は利用できない
  • ②ハイスペやモテる人は利用しなさそう
  • ③利用者の数は果たして集まるのか

まとめ|東京都のマッチングアプリの実用化とその効果

以上、東京都が新たに導入するマッチングアプリについて、その背景や特徴、利用開始時期、婚活に役立つかどうかを詳しく見てきました。

少子化や独身者の増加といった社会問題に対して、東京都がテクノロジーを駆使して取り組む姿勢はおもしろいところです。アプリが実用化したらわたしもぜひ利用したいと思います!

最後に。このブログでは、婚活の方法やわたしの婚活体験談についてご紹介しています。よかったら他の記事も読んでいただけると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次